--.--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2009.03.25

コクワ幼虫-マット/材飼育

更に虫ケース投入分もマット交換しました。

090324p01.jpg

このケースにコクワ幼虫二匹ですから贅沢な住まいです。上半分はほとんどそのまま使えそうでもありますが、半年近く放置されたマットですから泣く泣く交換。て程でもないか...。
でこれも、虫ケースから1400ccクリアボトルに一匹ずつ引っ越しです。万全を期するってわけでも無いですが、無事成虫になったときに、この虫ケースがコクワにはちょうど良い。(Dakkoさんからのもらいもの)

虫ケースをひっくり返して出てきた幼虫が、

うんでこれです。
昨年10月より一回り大きくなってますです。5gピッチの秤しかないので、重さが解りません。胴長にならないことを祈ってます。

090324p02.jpg

これは去年の10月交換時に同ケース投入の内大きかった方なので、多分上と同じ奴。3齢成りたてで色も透き通ってますし、太さといいますか、体のモコモコ具合が違いますね。

081025p02.jpg


マットは昨日同じくブレンドですが、今日はチョット廃ホダ粉砕(浅発酵)を多めに入れてみました。深い意味はありません。

090324p03.jpg



これは別の虫ケースに入れていた材飼育の奴。
材を取り出したときは、こっちを向いてマットを食ってました。写真を撮ろうとする間に奥に隠れました。どこかで読んだ記憶があるのですが、この穴は何かでふさいだ方が良いんだろうか?材を埋め込むマットも上のマットと同じ物を使ってますので、マットに出てくるかもしれませんね。

う~ん....

090324p04.jpg

まぁ、材の廻りに通常のマットと蛹になるスペースが確保されてるから別に気にする必要も無いと思うけどね。


スポンサーサイト
Posted at 13:43 | 昆虫 | COM(3) | TB(0) |
2009.03.23

コクワ幼虫-マット飼育

最後のマット交換です。

去年10月の仕分け時にサイズの小さい幼虫を1400ccのクリアボトルに移して、単体飼育としました。前回は発酵の深めの万能マット(こげ茶)のみでしたが今回は、そのマットと廃ホダを粉砕した浅めの発酵度合いのマットを半分程度ブレンドしました。もともとコクワはシロ枯れ系を好むようなので、問題ないかと思います。

ちなみに割りばしで押さえつけては無いです。カメラを用意する間に勝手に下に隠れようとしてましたです。

090322p01.jpg

ちなみに、去年の10月(2齢)はこの程度でした。
081013p01.jpg


順調にいけば6月頃には羽化すると思います。



Posted at 22:49 | 昆虫 | COM(0) | TB(0) |

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。