--.--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2008.11.06

コクワ幼虫-材飼育

産卵木のあまりを幼虫飼育マットに埋め込んでみました。
直径15cm程度のクヌギ材です。


一頭はこの材の中央に穴を10mm程度のドリルであけて、頭から落としました。
下の写真の中央部の少し色が濃くなってる部分です。マットが入り込んで中を見ることはできませんです。もしかしたら死んでるかもしれません。

081101p01.jpg


もう一頭はこの材を埋めたマットに通常どおり潜らせた奴です。(下の写真)
本当はこいつを取り出してオオクワ先輩よりいただいた、マットを詰めた瓶に引っ越しさせる予定でしたが、棒か何かで無理矢理引きずり出さないと出てきそうも無いので、今回はこのままにしておきます。

081101p02.jpg

いただいたマット詰め瓶を使いたいのはやまやまなのだが、いきなりマット全交換も可哀想なので、マットを半分ほど捨てて、その上に今現在プラ容器で飼育している奴のマットを半分足して引っ越ししようと考えています。


スポンサーサイト
Posted at 14:16 | 昆虫 | COM(3) | TB(0) |

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。