--.--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2004.11.29

仕事が落ち着いてきました



例年年末はだんだん忙しくなる傾向にありますが、今年はもう山場を過ぎてしまったのかな。嬉しいのですが、ヤヤ心配でもあります。なんと言っても弱小企業ですから、このまま干されてしまうのでは・・・っとビクビクしたりもするのです。まあ、「なんとかなるさ」を心に、あまり普段は気にかけていませんが。

ところで、先日(11月27日)うちの倶楽部から4名が米水津(大分県南海部郡)の磯へ遠征しましたが、大変だった様です。瀬渡し船は小浦港の「功明丸」です。クロは40オーバーが1尾上がっていましたが、後はさっぱりとの報告がありました。しかも、風がめっぽう強くて、立っているのがやっとの時もあったとか。しかし皆さん、頑張った訳ですから、風邪(体調の方の)にビビッテ行かなかったオレが、評価なんぞできるはずもない。しかも、前述のクロを1尾釣り上げた人は、我が倶楽部の漁師クラスの”てくにしゃ~ん”ですから、相当な悪条件であったことは、言うまでも無いことです。

この釣行を記事として、「釣果_Record」に掲載しようか、どうか迷っているのです、何せ今のところ、写真1枚しか報告が無いので、チト寂しいかな、とも思っています。釣れてないと写真なんか出す気も無くなるのは、重々承知していますが、そこをなんとか......。よろちく。


*画像:米水津の磯マップ。
「若戎丸」のサイトから拝借しました。従ってリンクしときます。
で、だいたいで良いから、どの辺に行ったんでしょうかねー。

スポンサーサイト
Posted at 00:00 | 倶楽部 | COM(0) | TB(0) |
2004.11.22

釣具屋



この二日間で釣具屋数件に行ってきました。家の買い物のついででもありましたが、久々に集中的に行きました。そこで「メーカー希望小売価格」この価格はいったい何なんだ。売り出し中の店は、だいたい小物(道糸・ハリス等々)を半額で売っている。つまり半額で売ってもペイできるのだ。もはや、「希望小売価格」は商品を格付けのみに機能しているようです。私は、元々売り出しにはこだわらず、必要な時に必要なものを買う主義であったが、この二日間で、あっさりこの主義を返上しよっ!という気になった。あまりたくさん買い込みができない現在の状況(私だけです^^;)を考えれば、半額の時に買わないといけない事に、今気づきました。おーばかさんでしたね。

やっぱり釣具屋さんは目の毒でした。欲しいものがどんどん増えてゆきます。あれもこれもと。ホントは竿がもう一本欲しいのですが、3万以上コースはチトつらい。今使ってるメインの竿(1.5号)は、もう大分疲れてきているようです。多分6~7年は使っている。あれが釣り場でもし折れたら、後はグニャグニャの1号竿か、パキパキの3号竿で釣らないといけない。駄目になる前に1.5号クラスが1本欲すぃーですな。まあ、ボロ竿でも魚を掛けるまでは、全く関係ありませんから...。竿さばき?腕でさばきましょうよ。と納得しておこう。


*画像:ハリス(何故かMガワ釣具)04/11/20
シーガーの2号と2.5号を買う予定でしたが、Mガワには2.5号が置いてなかったので、トヨフロンの2.5号を買ってみました。それと、シーガーは「昔の人」とか、とあるオッサンに言われましたので...。

Posted at 00:00 | 日記 | COM(0) | TB(0) |
2004.11.19

寒い!



う~っ、11月も中旬を迎え、めっきり寒くなって参りました。チト風邪気味です(鼻もヤヤ詰まってます)。仕事が徐々にたまってきまして、オーバーヒート気味な今日この頃です。そんな最中でも、昼間にこの日記を作成しているオマエは懲りない奴だ。自分でも解っているのですが、昼休みとかに書き始めると、キリの良いところまでやってしまわないと、後が続かんことなんるんよね。あらかじめ書く内容を絞り込んで、書いてゆけばそんな事にはならないのでしょうが、なんだかんだ言っても日記ですから、絞り込む様なものでも無いと思う。結果的にタイトルが決まったり、全部書いてから絞り込んだり、というのが普通かな。

ところで、今年も大分方面はそこそこ釣れているみたいですね。なかなか行けないのが玉に瑕。パワーが足りません。デモ近場(若松)に行くのと、磯へ遠征するとでは、かなーり違う。シーズン最初の磯はそれなりに、立ち上がりのパワーが必要です。一度行けば、後はたいしたこと無いんですけどね。モチベーションってやつ。日々仕事もあるし、家族のこともあるし(子供小さいですし)、なかなか高く維持できないのも、つらいところです。

五島へは、シーズンでせいぜい頑張って2回が限度ですから、後大分方面へ行かなかったら、今シーズンの磯釣りはmax2回という寂しい数値しか残りません。「磯倶楽部」が泣いています。ウン、自分は期待薄なので、ココをごらんの皆さん、財力と時間に余裕が少しでもできたら、どんどん磯へ行って、良い結果を聞かせてください。他力本願で実に情けないのですが、良い結果報告を心待ちにしています。そして掲示板で、どんどん自慢しましょう!

なんて、感じで「今月(11月)の五島組」に軽~いプレッシャーを、それとな~く与えるのであった...。


*画像:『がま、波戸岬にて…空振り』(04/08/07)-photo:oono
一応コントラストと色調補正をかけましたが、岩の色が元画像とはかなり違うものになってしまいました。

Posted at 00:00 | 日記 | COM(0) | TB(0) |
2004.11.16

ウェブサイト(Web Site)について

p041113_2_1.jpg

「あれやこれやと、色々変更しやがって、あいつはいったい何を考えとるんじゃ!」と、オレ自身もそう思う。まあ、せっかく”cgi”が使えるサーバーに移転したわけですから、使わないのは宝の持ち腐れってことです。これでやっと、レンタル掲示板から縁が切れる。ああ、伝言板もレンタルやったね、これはまた、後日使えそうなソフト(cgi)をもらって来よう。でも時間指定で消えてゆくのは、なかなか見つからないというのが事実なんだな。あと掲示板の使い方が、色々変わって申し訳ないのですが、ぼちぼち慣れていって下さい。

トップのメニューの中に、”Data”というのがあって、2005年スタート予定とありますが、中身はご想像どおり、倶楽部の年間大物賞獲得ポイント一覧を掲載する予定。まあ、ビジュアル的にも頑張ってみますわ。ただの点数羅列だったら、見る人も闘志がわかないでしょうし。

んで、タイトルの事ですが(もう?)(前回が長かったので今回はこの位で....。)、なんで、ホームページ(HP)って言わないの?等と余計なことは脳みそから抹消して、正確には、”「釣師者磯倶楽部」ウェブサイト(Web Site)”と言うらしい。役に立たない逸話を紹介すると、最初にマイクロソフトが”I.E”を作ったときに、”ホーム(ページ)”(今現在もある)という、項目を作ったからと言われています(だったと記憶している)。「なんということでしょう(♪~(゜∀゜)ノ♪ビフォーアフター風)」。変な顔文字も出てきましたので、この辺で終わりにします。


*画像:宗像市-風の丘農園(04/11/13)
天気良かったです。みかんなんて近所のスーパーで買った方が安いんじゃないの?なんて現実派の意見もご愛敬。

2004.11.08

サイズ至上主義からの脱却



なかなか良いタイトルだ。
10月29日の例会で、年間大物賞の決め方、F-1風に言うとレギュレ-ション(regulation)の変更案が出されました(テツアラカブー氏)。要約すると、今までは、毎年2-3月に五島で大会が行われ、この大会で大物賞を取った人が、年間大物賞に該当する確率が非常に高く、その他の大会の重みが過小評価されている。五島の大会では今ひとつ結果を残せなくても、その他の大会で、挽回のチャンスを付与しようというものです。つまり、全ての大会においてポイント制を導入して、年間最多ポイント獲得者を年間大物賞とするという案です。そこで、私なりに早速試案をやってみる。

一大会10点満点で、無条件参加ポイントを2点としてみる。
1位:8点+2点=10点
2位:5点+2点=7点
3位:3点+2点=5点
4位:2点+2点=4点
その他の参加者:2点

これでもし、年間の大会数が5回やったら、参加するだけで年間10点となり、一大会参加のみで1位を獲得した人と同点になるという話。不満は出るのだろうか?(ウッシッシー)。更に大会外のオプションポイントとして(とある頭脳集団からの入れ知恵)、

クロ・チヌ:1釣行につき対象魚1尾
42以上45cm未満:1点
45以上:2点

この点数・寸法は、論議を呼びそうだが、意見収集のために載せておこう。私は良いと思うのだが...。

んで、タイトルだが、野球でいへば、一本のホームランを一番遠くに飛ばした人が、ホームラン王ということは、無いだろ。ってことだね。解っているようで、何も考えていなかったのである。まあいつものパターンで、年始めの五島で釣れんやったら、その年の年間大物賞は全く意識の外にあるもんね。忘年会の時に、そーいへば今年の大物賞は誰やったんと、遠い昔を回顧するがごとき感覚でした。

つーことで、久々によい意見が出た例会でした。

Posted at 00:00 | 倶楽部 | COM(0) | TB(0) |

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。