--.--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2015.12.07

無理に書く必要も無いとは思うけど

あぁ、年末だね。

「月日は百代の過客」とは言いますが、ただ呆然と見送り

続けるような面持ちでもあります。

では、また。

スポンサーサイト
Posted at 12:40 | 倶楽部 | COM(0) | TB(0) |
2015.02.28

振り返ると1年

早いもんですな。

色々なことがありましたが本日も定常運転です。



Posted at 14:29 | 日記 | COM(0) | TB(0) |
2014.05.16

絶好のなんとか日和

なんでもできる季節ですが

やらない理由も簡単に見つかります。あーあ




Posted at 08:57 | 日記 | COM(0) | TB(0) |
2014.03.14

まだ寒いな

バイク寒い!

雨冷たい!
Posted at 08:15 | 日記 | COM(0) | TB(0) |
2013.12.04

Wave125i Helmet-in:タイホンダ

コレはタイホンダで製造している
タイホンダ製スーパーカブ125です。二人乗りでメットインがあって、ロータリー4段です。
実用カブとスクーターの中間でしょうか。
日本の正規代理店で購入できます。

エンジンも日本のスーパーカブと同系列の横置きOHC、ノークラッチ4段です。
燃費も60km/L前後だそうです。

僕は変人らしいからこういうバイク欲しいなぁ。
スクーターになれる自信が無いから。

※画像・スペックは正規代理店 エンデュランスから

white_right_201303.jpg


white_left_201303 (1)


white_front_201303.jpg


white_rear_201303.jpg


車体サイズ (mm) 1932×711×1092
ホイールベース (mm) 1258
シート高 (mm) 758
乾燥重量 (kg) 106
エンジン形式 空冷4サイクル単気筒
総排気量 (cc) 124.8
変速機形式 常時噛合式4段リターン *
点火方式 CDI
始動方式 セル キック式
燃料タンク容量 5.4
フレーム形式 アンダーボーン
ブレーキ形式 Front シングルディスク
ブレーキ形式 Rear ドラムブレーキ
タイヤサイズ Front 70/90-17
タイヤサイズ Rear 80/90-17

Posted at 13:40 | 倶楽部 | COM(0) | TB(0) |
2013.10.28

相変わらずの毎日

相変わらずの毎日。

原二スクーターをまったアップしよう。

Posted at 18:02 | 日記 | COM(0) | TB(0) |
2013.09.26

ホンダ SH-mode

ホンダ SH-mode 125cc
前輪16インチ 後輪14インチが外観の特徴。いわゆるイタ車風。東南アジアでも人気のスタイル。
価格はチョット高いかなぁ。29マン位。水冷eSPエンジン
このホイールサイズと外観故に犠牲にした部分もあるのが惜しいけど、見た目オッケーなら買い。

※犠牲
・給油口:シート下
・メットイン:1個分
・フットスペース:狭
・フロントインナーポケット:狭

pic-color01.jpg


mc1308074h.jpg



※スペック追記(2013.09.27)

車名 ホンダ
型式 EBJ-JF51
全長/全幅/全高(mm) 1,930/665/1,105
軸距(mm) 1,305
最低地上高(mm) 145
シート高(mm) 765
車両重量(kg) 116
乗車定員(人) 2
燃料消費率(km/L)*1 国土交通省届出値:
定地燃費値*2(km/h) 52.0(60)〈2名乗車時〉
WMTCモード値
(クラス)*3 49.7(クラス 1)〈1名乗車時〉
最小回転半径(m) 1.9
エンジン型式 JF51E
エンジン種類 水冷4ストロークOHC単気筒
総排気量(cm3) 124
内径×行程(mm) 52.4 × 57.9
圧縮比 11.0
最高出力(kW[PS]/rpm) 8.4[11]/8,500
最大トルク(N・m[kgf・m]/rpm) 12[1.2]/5,000
始動方式 セルフ式
燃料供給装置形式 電子式〈電子制御燃料噴射装置(PGM-FI)〉
点火装置形式 フルトランジスタ式バッテリー点火
燃料タンク容量(L) 5.5
変速機形式 無段変速式(Vマチック)
タイヤ 前 80/90-16M/C 43P
後 100/90-14M/C 51P
ブレーキ形式 前 油圧式ディスク
後 機械式リーディング・トレーリング
懸架方式 前 テレスコピック式
後 ユニットスイング式
フレーム形式 アンダーボーン


Posted at 15:48 | バイク | COM(0) | TB(0) |

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。